読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏のたかぴーがお家に来たお話。

 


先週の金曜日さ、
彼氏の崇裕が私の家に来てくれたんだけど
その話してもいいかな?自慢話になっちゃうけど…

 

昨日は仕事が終わって 身体くったくたでさ
もう家まで直行よね。ほぼダッシュ。

帰りにお酒でも買おうかと思ったけど
そんな元気もないわけよ。

で、家に着いてすぐ荷物を投げるように置いて
お湯入れんのもお風呂洗うのもめんどくさいから
シャワーで済ませてやった私。

寝ようかなどうしようかなって思ってる時に
なんと…
彼氏の崇裕から電話が!!!!


「もしもし」
「もしもし?起きてたんや」
「うむ」


目をこすりながら喋ってたら
なんか眠そうな声やなって…気付いてくれる崇裕マジカッコイイ…

てかさ、
普段崇裕から電話なんかかかってくることないんだけど
一体どうしちゃったの???
気になりすぎて思わず聞いちゃったよね。

 

そしたら…

「え、声聞きたなってん(笑)」

あっはっは、とか電話の向こうから聞こえてくるけど
君すごいこと言ってない?大丈夫?

 

そんな崇裕に我慢できず私ったら
「声だけじゃ足りないなー」
なんて口滑らしちゃって…ほんとBAKA...

そしたらさ、電話の向こうから「うわー…」って声聞こえた後
「…ずるい、可愛すぎる」
ってフニャフニャした崇裕、
略してフニャひろが電話越しに登場したわけ。

「なぁ、会いに行っていい?迷惑?」
「いや迷惑じゃないけど」
「じゃあ行く…待ってて…」

で、弾丸訪問が決まったわけだけど、
電話切る直前に崇裕なんて言ったと思う?

 

「風呂入っといてな、念のために」

 

って!!!!やる気しかない!!!!

くっそ、もっと念入りに洗っておけば良かった…
と同時に、毛剃ってよかった…って思う自分がいたよね。



〜20分後〜

 

インターホンが鳴ってドアを開ければ
「えへへ、おまたせ」って照れる崇裕の登場。

はにかむ顔がむり。可愛い。むり。
思わず両手広げたらそのままぐだーっともたれるように抱きしめられたよね。


「待った?」
「めっちゃ待ったよー!」
「ふふふ」


ふふふって笑いつつゆらゆら揺らしながら抱きしめるのずるくない?
可愛いんですけど?


「疲れてそうやなー」
「崇裕の方こそ!」
「いや、俺よりお前の方が!」


そんでむにゅってほっぺを両手で掴まれて…

「もーしゃーない、癒したる」

って。

ちょっと?!しゃーないってなに?!
お願いしてないけど?!
でも嬉しいな!!!!ちょー嬉しいな!!!!


で、玄関では特になにもせず部屋に上がって。
そしたらすぐさまジャケット脱いでネクタイを緩める崇裕。
その手が何ともエロい。
血管浮き出すぎだろ…ちくしょ…

なんか疲れてそうだし早く色々済ませた方がいいのかなとか思って
「お風呂はいる?」って聞いたらすんごい小悪魔な顔して
「あれ、もしかしてやる気満々?(笑)」
ってちょっと!!!!恥ずかしいからやめてよ!!!!

そういうことじゃなくて!って慌てて否定したけど
「でもなー、とりあえずイチャイチャせえへん?」って
ベッド指差しながら言う崇裕…oh...

結局言われるがままにベッド行って
座ろうと思ったらそのまま押し倒されて…

 

〜どえらいキスタイム〜

 

あの、キスする時すごい音立てるのやめてもらっていい?
隣の家に聞こえちゃうから(さすがにそれはない)

それにさ、どんだけおっぱい好きなの?
潰れるからやめてほしいんだけども////


「うわ、前よりおっきなってる」

って、こら!!!!触りながらニヤニヤしない!!!!

「俺がこんなことばっかしてるからやなぁ」

ってもう!!!!それも言うな!!!!


とかなんとか、
赤面赤面赤面なフライデーナイトになってしまった。

 

次の日起きて鏡を見れば、首中 印まみれだった私。
バッチリ怒鳴りつけてやりましたとさ。おしまい。

唇も腫れちゃったなぁ…はぁ…




※このお話はフィクションです

 


ぴす子

 

 

なうぇすと in 静岡 〜底なし沼へダイブ〜

どうもこんにちは
皆様の心のオアシスこと、ぴーすです

 

今日は初投稿なんだけれども
3月19日のなうぇすと静岡公演について語らせてくださいませんか?

(※ネタバレが含まれるので、見たくない方は回れ右でお願いします…)

 

 


まず、

人生初静岡〜〜〜〜!!!!
うんわ〜〜〜〜い!!!!

とまぁ私のハイテンションはここから始まるわけね


ギョーザ、フジサン、オチャ!!!!
知っている名物を連呼しながらスキップスキップランランラン

 

 

f:id:hmdpeace:20170321155642j:image

 

ちなみに参戦服はこれ

KBFさんのパープルニット

会場についたらね、着てる人がちらほらいました

まだ手に入れてない濵田担はぜひ!私とオソロにしよう!

 


さてさてオマケ話は置いといて、静岡に着いてすぐ会場へのアクセス方法を調べるぴーす

(事前に調べとけよ)


そして探り探りの状態で電車を乗り継ぎ、長い坂をのぼっていくと…

見えてくる静岡エコパアリーナ!!!!
「ここが私の墓になるわけだな…」
そう思いながら一歩一歩確実に足を踏み入れた

 

ただ、
入ったのがギリギリすぎて緊張する暇がないことないこと
なんなら爆走して席に着いたと言っても過言ではないぐらい

はぁはぁ息を切らしながらうちわの準備とペンライトの準備をすれば、聞こえてくるジャニストコール
おうまじか…はえーよ…と思いながらもスマホの電源をポチッと切り、イケメンの登場を待った


会場の照明が切れ、オープニング映像が始まると一気にテンションが上がるぴす子
初めてツアーに参加したわけではないが、毎回吐きそうになるぐらい興奮する
ビコーズ濵田くんがかっこいいから(全力ハートマーク)


もうね、毎回思うんだけど、凄まじいスピードでライブが進んでいくんだよ
もっともっと濵田くんを見ていたいってなるのに
時は止まってくれねぇんだよ……辛い……

可愛い演出も…かっこいいダンスも…
全て私を吐かせる材料になるんだわ…

あ、皆さんに言いたいことがありまして、

「雪に願いを」っていうはまこたちゃんの素晴らしい曲があるんですけれども(有名)
もうね、どうしてあんな高音を出すのに辛そうな顔をしないの?の疑問が頭をぐるぐるぐるぐるグルコサミン
余裕そうにやってのける感じ…結婚してくれ???

あとビリーバーって曲なに?あれ濵田くんの曲じゃない?
だってね、濵田くんのいいところの詰め合わせなんだもん
時々死んだような目で力を抜いてステップを踏むし、
脱力したかと思えばバキバキのダンスするし、
自分のパートじゃないところで口パクするし???
なんだよ!!!!神かよ!!!!
他担の方にも是非見ていただきたいんすわ

 

あと、誠に失礼ながらファンサというものも貰ってしまいましてね
そりゃあもうたまらんでした
今思い出しても////////////
詳しくは言えないんですが、
「俺はお前しか見てないぜ?いざ、ロックオン!!!!」

的なメッセージ性を受け取りました

おかげさまでエコパアリーナに立派な墓が建ちましたよ(鳴り止まない拍手)


とまぁまだまだ魅力を語りたいのですが、今日はここまで

 

たくさんの幸せをありがとう濵田くん
そしてWESTのみんな

 

私の人生を明るく照らしてくれて、本当に感謝感謝感謝なのであります

また会いにいくね!!!!
その時はもーーっと楽しくなるよね、たかひろ!へけ!

 

ぴす子